プロフィール
Hiyorikawa
Hiyorikawa
金沢工業大学の学生によるサバイバルゲームチーム(非公式)です。
加入希望の方はレギュレーション、新入生募集、入門編の各記事をよくお読みください。入会は年中通して募集しております。
連絡は当ブログ右上「オーナーへメール」よりどうぞ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2011年08月03日

64式小銃用 照準眼鏡取付具

皆さんこんばんは。島です。

64式小銃にマウントが付きました。

TOP製の純正オプション品の『64式小銃用 照準眼鏡取付具』です。
アイアンサイトよりも照準線が高いため、チークパッドを装着しないと安定した照準が辛いです。
あと、レールのコマの間隔がピカティニーレールと違います。

なんとなく89式小銃と並べてみました。

7.62mmNATO弾を使用する銃なので89式より長いかと思っていましたが、ストックが短いのもあり89式と大差ないようです。

  

Posted by Hiyorikawa at 05:08Comments(0)陸自

2011年07月29日

ツノ生えました

皆さんこんばんは。島です。


ヘルメットに角が生えました。


PVS-14Aのレプリカです。自衛隊だとJGVS-V8とかいう名前です。
暗視機能のない3倍の望遠鏡なので、コスプレアイテムとしては重いです。




ヘルメットカバーがバラスト(釣り合い用のおもり)ポケットのない旧型なので新型に交換してやりたいです。

そういえば88式鉄帽といえばS&Grafから帽体が厚めで(今までに比べて)手頃なレプリカが出るみたいですね。
あご紐やらインナーが交換出来るようなら欲しいですね。自分のものは4点式あご紐にパッド式インナーになってるんで。


  

Posted by Hiyorikawa at 17:25Comments(2)陸自

2011年06月07日

64式小銃とか

こんばんは。島です。

写真はTOP製の64式小銃に東京マルイのVer.3メカボックスを組み込んだものです。

中古で64式の外装を入手した際に1度組み込もうとして挫折したものをチームメイトのえもぎさんが完成させてくれました。
フローリングに置くとバイポッドが刺さるので作業机に置いての撮影です。


見ての通り中身はまんまAK47です。
↓HOPチェンバー

↓メカBOX



マガジンは1本しかないので多弾仕様。
M4の多弾マガジンを内蔵しています。



グリップは純正のものを削りすぎていて使えなかったのでAK用を加工して装着。
ストックは純正のプラストックです。
トリガーはG36用のものを加工して使用しています。

セレクタをライブにするのは難しそうだったのでフルオートオンリーです。
7.62mmNATO弾使用銃だからセミオートにしとけば良かった。


そのうちストックとグリップを木製に交換したり、スコープマウントを載せたいです。


  
タグ :陸自64式

Posted by Hiyorikawa at 00:50Comments(0)陸自

2011年01月20日

イラクアーマーとか88式鉄帽とか

おはようございます。
島です。

私は陸自装備なのですがヘルメットがPASGTヘルメットに陸自迷彩のカバーをかけたものだったり、戦闘防弾チョッキI型が旧式化してきているということで更新しました。

まずは88式鉄帽。
PASGTヘルメットから88式鉄帽レプリカに更新しました。
(PASGTヘルメットと88式鉄帽の違いが分かるようになってきたら変態だと思います。)

帽体は某オクに出ていたFRP製のレプリカです。
外観、成形ともに良い感じでカバーに大きな皺が出来ることもありません。
ただ、帽体の厚みが薄く強度的に不安な面があります。

そのうちツノ(JGVS-V8)も生やしてみたいですね。


次は戦闘防弾チョッキII型。
戦闘防弾チョッキI型からII型に更新しました。
いわゆるイラクアーマーというやつです。

I型と違いモジュラーベストになっており、前後のポケットにプレートを挿入することも出来ます。

ただ、このモジュラーテープ、独自規格なんですよね。。(右が普通のMOLLE)

ALICEクリップでの装具の取り付けに対応しているとかなんとか。

とりあえず、BHI製のM4用マグポーチは取り付け出来ましたが、編み込んで固定されているのはマグポーチの下部と上部だけでテープの側面のテンションで止まっている感じです。
(テープの横幅もMOLLEより若干狭い)

BHIの陸自迷彩のマグポーチはスピードクリップによる固定なので使用するのは辛そうですね。

最後にALICE装備(戦闘装着セット)に装着していたポーチを付けてみました。

どうなんだこれ…。
持っている服(?)の中では一番高いので、おしゃれに着たいですね。


ちなみに当チームでは来年度から陸自迷彩(2or3型)が正装となるので、そのうち陸自装備入門なんかもしたいと思います。


  

Posted by Hiyorikawa at 07:17Comments(2)陸自