プロフィール
Hiyorikawa
Hiyorikawa
金沢工業大学の学生によるサバイバルゲームチーム(非公式)です。
加入希望の方はレギュレーション、新入生募集、入門編の各記事をよくお読みください。入会は年中通して募集しております。
連絡は当ブログ右上「オーナーへメール」よりどうぞ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2009年02月25日

射程延長計画その1(もしくは自分の武装を晒そう!)

試験が終わって精神的余裕が出来たので連続投稿になりました kiro11です
Big-Out製H-HOPを購入しましたー




現在の主武装であるAK-104SOPMOD(多分DynamicStar製Oに組むつもりで購入しました。



このAK-104SOPMODですが、多分DynamicStar製のはずです。 オークションで購入したのですが、コンバージョンキットのはずが何故かメカBOXどころかチェンバー、バレルまで付いてましたwww
でも初速は0.2g弾で53m/s ......OTL
とりあえずメカBOX開けてみたら案の定・・・・・宇宙人の体液(中華製グリス)まみれでした ピストンもギアも一緒のグリスってどうよ??
しかもストックインバッテリーのはずが、配線以外は要加工(ストックパイプに配線を出すためのスリットが無いです)・・・・・・諦めてバッテリー位置をレシーバー内に移しました。



ですが流石はスチール製ですw
それ以外は、剛性も上々で軋みの類は一切なく、内部パーツをマルイ製に入れ替えると問題なく酷使できるようになりました。
フロント周りは付属のsurefireのM83レールレプからUTG製のAK用レールに換装してます。
このレールは今お世話になっている模型店のおばちゃんにだまさry)・・・もとい勧められて15000円で購入


購入当時、ガーター製などのリアルタイプAKの存在を知らなかったので、普通にマルイ製AKに付けるつもりでした。結局レールを加工してセンター出す自信が無かったので、104購入までお蔵入りしていたものです。
因みに乗っかっているダットはTASCO製SD-30です。 

ガーター系のAKコンバージョンって表面処理と剛性は最高だと思うんですが、いかんせん重量が・・・・ragiあたりに言わせると「まだ軽いよー」とのことですが・・・・好き好んでG&PのEBRなんかを振り回す奴に言われても説得力ないです。

↑EBRを振り回すragi
兎に角、重いなら他の点にアドバンテージを求めたいので射程延長を目指したいと思います。
現在でも弾道自体は素直ですので、ホップのかかり方をピーキーにすればもうちょっと射程が伸びるのではなかろうかと安直に考えていますw
この他にもバレルの換装や、ノズル交換など色々考えています。
50m必中あたりを達成できればいいなー
え? 射程の事にほとんどふれてねぇ? 自分の武装晒して喜んでるんじゃねぇぞって?
・・・・・だって何したらいいか分かんないんですもん
射程を延長したいのは本当ですのでこれから勉強ってことで御容赦ください・・・・・だめですか?
  

Posted by Hiyorikawa at 00:46Comments(3)銃器

2009年02月24日

2/15と2/22のゲームレポ

気がつけば2週間も更新してなかったんですねー
いや、別に更新するの飽きたとかサボってたとかじゃないですよ? ちょっと大学が忙しくて家に帰ってなかっただけです。
しかも、大学からミリブロにアクセスできないんですよねー
でもブログの更新はしてませんでしたが、ゲームは休まず毎週してましたよ?
2/15(日)は某県某所の市街戦フィールドに行ってきました。
詳しいレポは「てっぽうだまレポート」さんの方に載ってますのでそちらを見てください。
個人的な感想としては・・・・・難しかったです。
やっぱ野戦と市街戦は勝手が全然違うなぁーと実感させられました。

教訓としては、初弾必中は大事です。
相手を捕捉してから命中させるまでの時間の差が勝敗に如実に表れるフィールドでした。

そんでもって先日2/22(日)はいつものところにて、シエラ小隊とFOXMIND(以下FM)さんと有志ゲームでした。


↑咄嗟遭遇戦闘に突入したシエラ5とFMのY隊長

この日は天気予報が外れて、昼から雨が降り14:00頃でゲームを切り上げたのですが、通常戦だけでテンポよく回数をこなし充実した1日でした。

↑ カロリーメイトとAK SOPMOD
我らがマンハンターK改めヴァルキリー1(本人に怒られましたw)のAK SOPMOD
これを装備されていた時のヴァルキリー1はやたらとテンション高かったですw
攻撃力の高い武器を持つと人間テンションが上がるものなんですかね?

ヴァルキリー1といえば来週のゲームが一応最後とのことです(無事の御卒業おめでとうございますw)ですので、石川近在でゲームされてる方でこのブログをご覧の方で時間がおありでしたら 来週末3/1もいつものところでゲームしますんで、是非遊びに来てやって下さい。 

最後に入部希望のコメを投稿してくれた野菜さん、4月から楽しみにしています。 多分楽しい時間を提供できると思いますので期待してて下さい。
そんでもってOさん私も含め、ragiとHiyorikawaがお世話になりました。 
あのラウメンは極上の味でしたwww  

Posted by Hiyorikawa at 23:00Comments(4)2008年度

2009年02月08日

ゲームレポート(2月8日)

こんにちは、hiyorikawaです。

え?更新が速いなって??

そうですよ。録画している00をレポート終わるまで見ないと決めると、比較的簡単にこの速度に到達できますよ??

前の私のレポートからすると、通常の三倍どころか、七倍ちかくでてます。
ええ、自慢できたことではありませんとも。。。

と、ここで、



カルチャーショックをひとつ。

これ、冷麺ですよ?冷麺。

冷麺ってほら、あれじゃないですか?冷やし中華

冷やし中華=冷麺

ところが、この冷麺。冷麺の名を欲しいままにしていながら、冷やし中華ではありません。

九州圏の見解は、やっぱ冷麺は冷やし中華だろう。とのことで

大阪あたりでは、2種類あるんじゃね?とのこと。

なるほどね。となっとくしておくことにしました

それでも冷麺は冷やし中華

さて、戯言はこの辺でお開きにして、ゲームレポートです。

今回は、FPの専用フィールドでの今年初の定例戦です。
山の上なため、まだ雪が残っていました。

溜め込んでいた鬱憤を晴らさんとばかりに、大勢のFPメンバーが参加していました。


↓準備中のRAGI酸。


東ドイツ兵に虐待を加えている証拠画像。

書くほどのことではありませんが、イエローはカレー好き

画像でもわかる通り、晴れ空が広がっています。

昼ころには晴天快晴?雲がないあれになりました。

最近金沢の天気に応援されているようでうれしいです。

今日は、通常のゲームと、コッキング戦、イベント戦を行いました。

とりあえず、コッキング戦の画像。





イベント戦は、ただのコッキング戦ではなく、フラッグ戦も混じったルールになっていて、
フラッグアタックが成功した場合、10カウントが相手チームに入り、最終的にポイントが少なかったほうが勝ちです。

今回、カウンター(スカウターとは違い、路上で人の戦闘力ではなく人数を測定するあれ)を使用したイベント戦を行い、その流れでのコッキング戦だったため、少ないほうが勝ちとなります。

イベント戦でのルールは度HITすると、カウンター位置まで戻り1カウントを自軍のカウンターに入れます。
要領的には前回の人質戦のような感じ。

つまり、1カウントは自軍の誰かが1度死んだという意味見たいな感じです。

フラッグアタックが成功した場合、10カウントを相手チームに入れます。
フラッグアタックを決めた人は、セーフティーゾーンに移動します。

10カウントは多い気もするかもしれませんが、1チーム7人程度のゲームで電動ガンを使用した場合、33+22で両軍合計55人ほど死んでたり。
たしか、これはフラッグアタックがなかった場合でだったと思います。

ルール説明ってむずかしいですね。。イベント戦でしっかりルールがあるわけでもないので、ちょこちょこ変更もあったりしたし。
上記のルールでコッキングガン戦に切り替えると、良いバランスでゲームができました。
慣れると、電動ガンが使用されるゲームではできないようなアクロバティックな動きでフラッグアタックをかけるようになりました。


というか
フラッグアタックを決めてさっさと退場しないと、死ねないため、何度打たれようとも、
カウンター~戦場 の往復で
体力的に死にそう・・・。


そんな感じで、今日のゲームレポートを終了します!

FPの方、工大生の方、本日はお疲れ様でした!!

コメントもらえるとうれしいです!!

おっと、こんなところに一枚写真が。



左中央にこけたkiro11

00みるぜ!!!  

Posted by Hiyorikawa at 22:16Comments(6)2008年度

2009年02月07日

ゲームですよⅡ(2/1)

保存していた書きかけの記事を消去してしまい、OTLなkiro11です

明日のゲームの前に2/1 の午後編のレポートです
昼からは、FPのYさんの提案で、「人質救出戦」を行いました。
この「人質救出戦」は、人質救出部隊(攻め手)とテロリスト(守て手)を決め、テロリストが監禁している人質を人質救出部隊が強襲奪還し、ランディングゾーン(攻め手のスタート地点)まで脱出するか、テロリスト側が人質救出部隊を殲滅し、人質を死守出来ればゲーム終了となります









↑人質を無事救出した人質救出部隊員
その他のルールは
●人質救出部隊の人数はテロリストより人数を多くする
●人質の監禁場所はテロリスト側がランダムに設定
●テロリスト側は監禁場所の後方にフラッグを設置してHITしてもフラッグま
で後退すれば復活可能(テロリストは雲霞の如く湧いてくるのがロマンですよねーw)


ゲームを開始するまでは、私も含めて皆さん唯の変わったゲームだとしか思っていませんでした。
・・・・しかしこれが間違いでした。
私は当初テロリストとして参加しました。
「とりあえず死ぬことはないので気楽にゲームしよ」と考えて普段のゲームより大胆に動き回りました
当然何時もより速くHITされます→さぁ 後退して復活だ 死なないって楽しーw→大胆に行動→後退して復活→大・・・胆に、行ぉ・・動ぉ→後退して・・・まだ死ねない(ToT)
条件付きで無敵ってのも考えようですw
気分はテロリストよりベルリン死守する第三帝国軍兵士ですw
これは人質救出部隊側も同じらしく、「倒しても倒しても湧いてきやがる!!」ともことでしたw
最初の数回は人質が救出できませんでした。
その上フィールド内に無防備に突っ立ているため、誤射の嵐にさらされ人質の悲痛な悲鳴が響き渡る場面もありました
曰く「HIT! HIT!! ヒットォォ~!!! 人質を撃たないでぇぇ~」

↑射殺されかける人質(嘘)
・・・・次からは人質も死ぬようにします
こんな感じの撃ち合う以外の行動(今回は ”人質の位置を特定し、周辺のテロリストを制圧し、迅速に人質を回収する” ですね)を要求されるゲームもスリリングで楽しかったです。
Yさん、いつも新しいゲームを提案してくだっさってありがとうございますーwww
明日もよろしくお願いします。  

Posted by Hiyorikawa at 11:07Comments(0)2008年度

2009年02月02日

ゲームですよ(2/1)

インフルエンザで病院に隔離されていて凹んでるKiro11です
「毎週日曜はゲームの日!! 雪が降ろうが、単位がヤバかろうがゲームに征くんだぁぁ!!」
ってなわけでゲームに行ってきましたーw  
今日の金沢は天気も良く、久しぶりに空から何も降ってこない環境で夕方までゲームができましたw



↑久々の青空




で、それを見てしまったがために狂喜乱舞して踊り狂くるうhiyorikawa







当初の予定では今日は学生7人だけでこじんまりとゲームのつもりでした。
ところが、フィールドに行ってみたら、フィールドパフォーマンス(以下FP)のOさんがいらっしゃいます・・実は来るまでに同じくFPのYさんからも参加の連絡がw 
そうこうしていると一人二人と人が来ます
見学にきた人まで巻き込んで・・・・・
総勢13人でゲームと相成りましたww
何も降ってきそうにない天気だからってゲームの予定のない日までフィールドに来るなんて・・・皆さん考えることは一緒みたいですねーww
・・・・・・まぁ 雪でもやってる僕らが言えた義理じゃないですが
午前中のゲーム終了時に皆さんで写真撮影です



↑隊長、写真撮影ありがとう御座いましたー  


 午前中は6対6で殲滅戦でした
久々にまともな人数でゲームしたので、午前中でへとへとに・・・
Oさん・・・迂回するの速すぎです。背中が怖かったです。。。(T_T)
因みに前回動かなかった私のMASADAですが、メカボをマルイ純正に入れ替え,今回は快調に動いてました。
午前中の写真は・・・ゲームに夢中で取ってませんでした。。。。OTL
代わりにこの日の最終ゲームの写真をUPします 










 最終ゲームは疲れすぎで開始30秒でHITされてしまい、そのまま(装備着込んだまま)カメラマンしてました。 
・・・・・カメラマン撃とうとするはジュネーブ条約に違反すると思います。自業自得とかいうツッコミも聞きたくありません。


 因みにマーパットの方は我が同好会一のトラブルメーカー(今のところ面倒事は全部こいつが運んでくるw)RAGIです。 今回は持ってませんがG&P製のEBRを入手してからHIT率が極端に向上し、ウザイことこの上ありませんw
 
 もう一人の某M●GP●L DVDの教官を彷彿とさせる格好の人は同好会内最年長にして同好会内最強のマンハンターMr.Kです。 この人の攻略法はトゥマンセル以上で一気に畳みかける以外に今のところ思いつきませんw 
・・・・単独で出会ったら即ハントされます。 
事実この日も、久々にショットガン担いでいらっしゃったせいか、やたらとテンション高かったです。


 午後からは悪魔の囁きに負けて苦行の道を進んでしまいました・・・午後からの事も全部書きたいところですが、時間がないので午後の苦行はまた数日中に書きます。
一応ヒント画像だけは



何したか分かったらまたコメしてください。
ではでは~  

Posted by Hiyorikawa at 20:51Comments(4)2008年度