プロフィール
Hiyorikawa
Hiyorikawa
金沢工業大学の学生によるサバイバルゲームチーム(非公式)です。
加入希望の方はレギュレーション、新入生募集、入門編の各記事をよくお読みください。入会は年中通して募集しております。
連絡は当ブログ右上「オーナーへメール」よりどうぞ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2010年07月27日

7月16日ゲームレポ

そろそろ名前を覚えて頂けたでしょうか、またもやHilaryです。
本来のところ、ブログ係は2年生の中でランダムに回っているはずなのですが、何の因果か連続3回の更新係となりました。
はたしてこれはソビエトロシアの陰謀か、妖精さんのいたずらか、はたまた魔女のバアさんの呪いなのか…

さて、まず私事ですが、KIT恒例地獄の穴水合宿から無事生還したことをご報告させていただきます。ゲーム後の連休明けにそのまま出発、帰還直後にテストやらレポートが重なってきたものだから、こうしてゲームレポが一週間以上もずれ込んだのです。決してサボっていた訳ではないのですよ、ホントに。

で、本題のゲームレポです。7月16日、一般には平日ですが大学が休みということでゲームがありました。


集合写真(久しぶりにぼくも写りました)
流石に夏ともありまして、朝から糞みたいに暑い日でした。
軍服を着る日ではないです。こんな日に暑苦しい軍服着こんで重い鉄砲持って走り回るなんて、おれはきっと死んでしまう!
…5月6月にもそれぞれ同じ台詞を書きましたが、今回ばかりは本当に死んじゃいそうでした。


今回はいつもよりも若干早めに出発して、ゲーム前に前回記事からさらに増してベトナムの如く茂る藪の手入れをしました。
具体的にはシャベルとノコギリと鎌を振るい、各々の生存権を広げんとして四方八方へと必死に枝蔦を伸ばす草木を千切っては投げ千切っては投げと打ち倒していった訳です。
まずここで一度休憩。軍服を脱ぐと汗びっしょり。喉が渇く渇く。



さあ、戦争が始まりました。集合写真でもわかる通り、今回は人も少なめでしたから、先輩方を2年1年が追ったりだとか、普段の単純な殲滅戦とは違った変則的なゲームが多かったです。もちろん人が多いに越した事はありませんが、たまには少人数で変わったゲームってのもいいですね。また、ゲーム後には主に1年生の為にちょっとした行動訓練のようなものも行いました。
しかしゲームをしていても暑い暑い!ビルマ戦線を彷彿とさせる暑さです。
ゲーム中も手頃な木陰に潜めば、ついついそこに立ち止まってしまったり。

さて、今回のゲームレポはここまで。前回前々回の文章を褒められてちょっと天狗なHilaryがお送りしました。
アイスの配給を受けて水辺で寛ぐ一同の写真でお別れしましょう。

さわやかアウトドア活動   

Posted by Hiyorikawa at 00:05Comments(2)2010年度