プロフィール
Hiyorikawa
Hiyorikawa
金沢工業大学の学生によるサバイバルゲームチーム(非公式)です。
加入希望の方はレギュレーション、新入生募集、入門編の各記事をよくお読みください。入会は年中通して募集しております。
連絡は当ブログ右上「オーナーへメール」よりどうぞ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年12月28日

ルール追加のお知らせ

どうも~おはようございます~こんにちわ~こんばんわ~

輸送部門兼会計部門兼戦術指令部を任せていただくことになった

MajorSUZUKIと申します。

期待に応えられるよう頑張っていきたいと思うます。
(戦術指令部ってなんだ・・・?

というわけで、ルールの追加について説明したいと思います。


最近、サークル内で多弾マガジンを使用している方が多く見受けられるようになりました。
戦闘中に弾切れが起こさないからといって、敵がいないのにもかかわらず大量にブッシュを撃ち、
敵に自分たちの位置を知らせたり、仲間に迷惑をかける(同士討ち)などの事例が寄せられました。

大量にばらまけば当たると勘違いしている方がいるのではないか?

実際の戦場でそんなことをすれば弾切れになるのは必至!!
銃は狙って打つものだ!!

と、先の軍事会議で議題に上げられました。


そ こ で

弾数と銃器についてのルールが加わることになりました。

・・
・・・

<ルールの内容について> (12月30日一部改正)

 (イ)1つのマガジンの装填数は、マルイ製のBBローダー(小)1個分(110発前後)までとする。

 (ロ)多弾マガジンにについても上記(イ)に従うこと。 ※ただし、一部の武器に関しては免除する。

 (ハ)総携行弾数は300発までとする(主要武器+拳銃、モスカートなどの補助武器+BBローダー=300発以下)

 (ニ)ガス・エアコッキングに関しては、マガジンに関しては問わないが、総携行弾数は上記(ハ)の範囲内であること。

  ※1 下記の項目両方に当てはまる銃に関しては上記(イ)と(ロ)と(ハ)は免除される
     ・M249などの着脱困難な大型マガジンを使用するもの
      (いわゆる分隊支援火器や汎用機関銃)
     ・マガジンを抜いた状態で付属品を含む銃の総重量が5kgを超えるもの
      (付属品…バイポッド、スコープ等)
      (ただしアッドオン・グレネードランチャーのような、単体でも攻撃能力を持つ物に関しては付属品に含まない)


注:例外についてはその都度審議し、場合によってはルール改変もありうる。


このルールは個々のスキルアップを目指すためにも必要と判断しました。
より良いゲームにご協力ください

このルールに関しては2013年より適用されます。
何か質問がある方は、コメントの書き込みまたはメールを送ってください。


輸送部門兼会計部門兼戦術指令部  MajorSUZUKI より  

Posted by Hiyorikawa at 00:28Comments(6)お知らせ