プロフィール
Hiyorikawa
Hiyorikawa
金沢工業大学の学生によるサバイバルゲームチーム(非公式)です。
加入希望の方はレギュレーション、新入生募集、入門編の各記事をよくお読みください。入会は年中通して募集しております。
連絡は当ブログ右上「オーナーへメール」よりどうぞ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年04月12日

【無慈悲】ダミーグッズで装備を装飾

会長「諸君!!」

(割れるような拍手喝采)

「諸君!!」

(拍手喝采)

「春と言えば普段身に付けている装備に物足りなさや寂しさを感じてくる季節である」

(大歓声、僅かな戸惑い)

「また春と言えば新しい同志らとの出会いの季節である」

「当同好会では装備を存分に着飾って良い出会いを演出しることを推奨する」

(割れるような拍手喝采、僅かに不満の声)

「諸君らの装備の魅力を大きく引き上げる定番アイテムを以下に紹介する」

(以下の画像には無慈悲な実物が含まれる)


・無慈悲なサイリウム

ミリフォトなどで兵士たちがよく装備しているものの1つである

説明は不要かもしれないがが、折ると謎発光するカラフル液体スティックである

サバイバル用やマーカー目的として使用されており、6インチサイズを良く見ることが多い

袋のままでもむき身でも大丈夫だ(赤や黄色はマーカーと紛らわしいので注意すべし)

無慈悲な軍用品はサイリウム社、オムニグロー社などから供給されており、民間販売でも同等のものが入手できる

価格は150~250円程度

(ダミーではないぞ)



・無慈悲な止血帯

急を要する出血時に素早く取り出して治療を行う

そのため装備品の目立つ部分(肩など)に輪ゴム、もしくは謎引力で固定されている

レプリカ商品は止血帯としての役割は果たさないが飾りとしては優秀なので胴回り装備のアクセントに推奨する



・容赦ない手榴弾

BB弾を飛び散らかす商品も存在するが当同好会では使用できない

本物なぞもってのほかである

しかし非常に精巧なダミーが販売されているので目立つところに輪ゴムもしくは共産党未来のテクノロジーで付けておこう

ポイント高い

破片手榴弾、閃光手榴弾、発煙手榴弾など様々なダミーがマーケットに出回っている

リアルさゆえに人目の付かない場所に保管するのがマナーである



・この世のだれも経験したことのない最も厳しいナイロンハンドカフ

テロリストやその他犯罪者を捕縛する際に用いる

いたずら使用は厳禁とする

ああ、捕虜はいらんぞ、同志


・本当の戦争を見せるヘルメットライト、IRライト、ストロボ

IR(赤外線)、可視光を発するライトである

形、仕様も様々

輝度が高く目くらましになるようなものはフィールドへ持ち込んではいけない

ストロボライトは最近ではヘルメットに良くついている、主に謎引力で




・物理的な打撃は避けられない、カラビナ

種類は様々である

これ1つでも雰囲気はぐっと向上する

樹脂製のものも党で推奨されている




・容赦ないGARMIN Foretrexシリーズ

手首に取り付けるタイプのGPSナビゲーターである

何の役にも立たない完全な飾りであるが、イメージは重要であるため腕部分のお洒落に推奨する




・全般的な戦線で無慈悲にマップケース

安価かつ実用性もあるのでぜひ装備したい1品である

利き腕とは反対の腕に巻いたり銃のストックに巻いたりできる

フィールドマップを入れて無線交信や連携に役立てるべきだ




適当な画像を検証したらこのような様子であったとの報告


どれもレプリカならそれほど高いものではないため同好会員の皆様チャレンジしてみるとよい

はさみや鋭利な工具、重い工具などは思わぬ事故につながる可能性があるため同好会では禁止する


4月10日 第1回党大会記録 無慈悲な戦術司令部  
タグ :無慈悲

Posted by Hiyorikawa at 00:06Comments(2)初級編