プロフィール
Hiyorikawa
Hiyorikawa
金沢工業大学の学生によるサバイバルゲームチーム(非公式)です。
加入希望の方はレギュレーション、新入生募集、入門編の各記事をよくお読みください。入会は年中通して募集しております。
連絡は当ブログ右上「オーナーへメール」よりどうぞ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2013年02月04日

02月03日ゲームレポ



はじめまして。
この度初めてゲームレポを書かせていただきます一年のBarrageと申します。
前回の人と同じように私もブログを書くのは初めてなので、少し緊張していますが、頑張ってレポートしていきたいと思うので
よろしくお願いします。

さて、本日のゲームですが、学生9人、社会人3人の12人で行いました。
天候は曇のち晴れで、風は冷たいですが日差しが暖かく、フィールドで動いていればそれほど寒さは感じなかったです。






ひなたぼっこ中?


今回は以前よりもさらにブッシュが薄いのにもかかわらず、フルオート殲滅戦!でゲーム行いました。
その中で今回フィールドでかなり猛威を振るったのが・・・。



デデーン!!

・・・はい。皆さんおなじみM249 MINIMIです。




今日のゲームではこの銃が相手チーム攻略のカギになったと思います。
自陣はどこにミニミを配置して敵の進行を防ぐか。敵陣は、牽制などでいかにミニミの注意をそらし、他の人員がその隙に回り込むなどして仕留めるか。
作戦が物を言うゲームになったと思います。




ブッシュが薄い中、接敵した状態の撃ち合いでミニミを相手にしてしまったらひとたまりもありません。
実際私も思い切って突撃したものの、すぐにバリケードや石柱に身を隠す羽目になり、ちょこっと顔を出したところをすぐさま打ち抜かれてしまいました・・。




そして、今回は特別ルールとして「英雄戦」というゲームを行いました。
ルールは攻撃陣営と防御陣営とで東西に分かれます。
防御陣営には人数を多く振り分け、フルオートで撃てます。しかし、決められた場所内でしか動くことができません。
逆に攻撃陣営の人数は少なく、セミオートです。その代わりに自由に動くことができます。
かなり攻撃側は不利ですが、だからこその「英雄戦」でしょう。
防御側は7人、攻撃側3人としました。




ゲームの様子ですが、やはり攻撃側が苦戦を強いられていました。
行動範囲が定められているとはいえ、高台から丸見えな上ロングレンジでも当たることは当たるので、下手に近づくことはできません。



「と、遠い~icon10




攻撃側は分散しながらジリジリと詰め寄っていく忍耐力のいるゲーム模様となりました。


2、30分の長時間の戦闘の末、攻撃側が勝利しました。
お疲れ様でした。
時々こういう変わったルールで遊ぶのも良いかもしれませんね。


~今日の一枚~


戦地で実際に運用している姿を捉えたような感じだったので気に入りました。戦場レポとして雑誌に載ってそう。




余談ですが、バイポッドを使って伏せ撃ちしている姿ってすごく様になっててかっこいいと思っているのは私だけでしょうか・・・?




いつもの集合写真。
今日は皆さんお疲れさまでした。


~終了後堤防にて~


青空を眺めながら己の友情を確かめ合う二人。なんとホモホモし(ry 微笑ましいことだろうか。

以上、Barrageがお送りしました。



同じカテゴリー(2012年度)の記事画像
03月17日ゲームレポ
2月17日 ゲームレポ
ミーティング兼タクティカルトレーニング
01月20日 ゲームレポ
01月13日 ゲームレポ
12月23日同好会活動報告・連絡
同じカテゴリー(2012年度)の記事
 03月17日ゲームレポ (2013-03-18 22:36)
 2月17日 ゲームレポ (2013-02-20 01:31)
 ミーティング兼タクティカルトレーニング (2013-02-10 16:22)
 01月20日 ゲームレポ (2013-01-20 20:58)
 01月13日 ゲームレポ (2013-01-14 19:13)
 12月23日同好会活動報告・連絡 (2012-12-23 05:12)
この記事へのコメント
レポお疲れ様です。
MAPを有効利用してくれたのは君が初めてだと思います。
Posted by Anton7 at 2013年02月04日 03:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。